『変愛小説 Ⅱ』

岸本佐知子編訳 『変愛小説集Ⅱ』

編訳なので当たり前っちゃぁ当たり前だけど
なんたってこれは岸本佐知子印のアンソロジーなのです。

「変愛」って何じゃらほいかというと岸本さんがあとがきで説明してくれています。

愛にまつわる物語でありながら、普通の恋愛小説の基準からはみ出した、
グロテスクだったり極端だったり変てこだったりする小説。

                              (p.306)

女子大生が難破したらイケメンだらけの島に漂着してしまった「彼氏島」。
身体の中の文字通りの空虚を抱えている女の子の物語「スペシャリスト」。

というとなにやら心理状態のある種のメタファーであったり、
はたまた精神分析的に読み解くと……なんて誘惑にかられなくもないが
そんな御託は押入れの奥に押し込んでおくべきだ。
やっぱりこのアンソロジーの楽しみ方は「変愛」を「偏愛」することにある。

個人的に一番好きだったのはスコット・スナイダーの「ヴードゥー・ハート」。

居心地のいい職場、素敵な彼女、そしてある事情で格安で手に入れた豪邸。
しかしジェイクは内なる暴力の予感に苛まれついに……

ちなみにスナイダーは『変愛小説』でも訳されていてそれも結構好きだったなぁ。
ただ「変愛」度合いという点ではややおとなしめか。

妻が木でできていることに気付いてしまった「マネキン」。
妻が歯に覆われていく「歯好症」。
なかなか会えない友人の妹に心ひかれていくと……な「妹」。
ここらへんはやはり「変愛」ポイントたかし。
『人類学・その他一00の物語』からの抜粋もよかった。

なんてったって岸本印を堪能できる一冊なのでであります。

もし岸本さんをご存知ない方がいたらとりあえずは本屋さんで
『モンキー ビジネス』で連載中の「あかずの日記」をチェック!
ほんとに最高です。気に入ればそのままエッセイか訳書を。鉄板です!







プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR