鈴木宗男と自民党の終焉

鈴木宗男の上告が棄却され有罪が確定した。

彼については毀誉褒貶あるが良くも悪くも自民党を体現したような人物であり、
おそらくはここで政治生命が絶たれるというのは
自民党の終わりをも暗示しているようにも思える。

自民党はなぜ衰退したのか、その理由は様々あるが
ここでは鈴木宗男的人物から考えていきたい。

ある時期までは「政官業の癒着」ということがさかんに言われた。
しかしその実態とは「政官報」の奇妙なバランスであった。

官僚は選挙という正当性を持つ政治家に頭が上がらず、
報道は情報をくれる官僚を批判できず、
政治家は自分を宣伝してくれるメディアを気にせずにはいられない。

ところが政治家の力が著しく落ちてしまったため
官僚とマスコミの力が肥大化してしまった、これがここ数年の政治の惨状となっている。

なぜこのようなことが起こったかというと
それは鈴木宗男的人物を生み出すことが出来なくなったことにある。

自民党とはいかなるシステムで動いていたのだろうか。
自民党内は様々に分類できるがその一つに官僚派と党人派とがある。

党人派の代表格とも目されていたのが故中川一郎であった。
中川の急逝を受けて跡目争いが起こる。結局調整がつかず
息子の昭一(こちらも故人となった)と秘書であった鈴木宗男が
激しく火花を散らす骨肉の戦いを繰り広げることになる。

ここにこそかつての自民党の活力があった。
中選挙区時代にはしばし「保守系無所属」なる候補が選挙に立った。
その正体とは自民党の公認を受けられなかった人物である。
ではその人物が当選したらどうなるのか、
自民党に入党するのである。

つまり中選挙区時代の衆議院選挙とは
自民党にとっては予備選挙もかねていたのである。

ところが小選挙区時代になるとこうはいかない。
分裂選挙ともなれば共倒れの可能性が高まる。候補者は一本化しなくてはならない。
そうなると子ども、秘書、地方議員などが跡目を争った場合
一番まとまりやすい子どもが選ばれることになる。

もちろん二世議員が増え始めた時期は中選挙区時代でもあった。
しかし二世議員のプレゼンスが著しく高まったのは
小選挙区制が導入されて以降である。
これは小選挙区の影響で「相続」がより大きな力を持つように
なったことに由来しているのだろう。

80年代までの自民党の実力者といえば二世などは
少数派で官僚出身の官僚派とたたき上げの党人派とが
ぶつかりあっていた。

ところが90年代以降は二世議員が党の幹部の
多くを占めるようになった。
例外的といえるのは野中広務 や官僚出身でありながら
異才を放つ亀井静香、そして鈴木宗男であった。

現在の自民党には彼らのようなアクの強い人物を
議員にするシステムというものがない。
ついでに付け加えると民主党にはその器量がない。

もちろん彼らにはネガティブな部分がたくさんある。
一方で官僚に対峙し、メディアに睨みをきかせるだけの
「腕力」を、数々の戦い(二世議員が決して経験しないものだ)を
通じて獲得していった。

仮に鳩山政権で亀井静香官房長官、鈴木宗男官房副長官、
などという人事を行っていたら(これはあくまで思考実験で現実には
ありえないことは重々承知している)政権の有り様は全く違ったものに
なっていただろう。

鈴木宗男を全肯定するわけではないが、少なくとも彼のような人物が
日本の政治のある種の部分を牽引していたのは間違いない。
そして彼らのような人物をパージしたあと、そこに残ったのは
なんであったのか。

自民党は文字通り終わりを告げられ、今後は新しい
人材発掘システムを構築できるかが党を再生できるかの鍵になるだろう。

では民主党はどうするのだろうか。
クリーンで有能な政治家が正しい政策を実行してくれるのが
理想であることは誰も疑わないであろう。

しかし理想は理想であり、それが実現できない時
どこに妥協点を見出すかである。

「政官報」のトライアングルを思い出すなら、
マスコミが異常なまでの小沢バッシングにあけくれ、
官僚は仙石官房長官を歓迎していることだろう。
この意味をどう考えるのか。

鈴木宗男の逮捕後の政治家としての働きは
サヨクの僕から見ても評価できるものが多い。
彼は変わったのか、それとももともと持っていたものを
ストレートに出すようになれたのか。
良心か、裏があるのか。
深読みをして考え始めればキリがないことでもある。

とにかく鈴木宗男と自民党の終焉から学ぶべきものは、
そういったものを肯定するにせよ否定するにせよ
まだまだたくさんある。
切り捨てれば何か解決するものではないのである。

プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR