Operation wandering Pynchon

佐藤良明さんによる『スロー・ラーナー』の新訳を読み始めたんでついでに志村正雄さんの旧訳も、と思ったらない!どこに行ったのろまっこや~いと押入れを探し出したら行方不明だった木原さんのピンチョン本発見。読み返そうと思っていたんだけど「やっと会えたね」。ついでに買っただけで読もうともしてないペーパーバックも。今を遡ることウン年前、「原書でピンチョン読む!」と思ったが、それだけで努力すらせずむしろ英語力は後退しとる。

『V.』や『重力の虹』も出てきたんだけど、改めて考えるとネットのない時代にピンチョン訳すってどんだけ大変なんだ。まあネットがあったらあったで言い訳できないという辛さもあるのだろうけど。

今のとこ新訳についていえるのはやっぱ注が多いのっていいよねってこと。栞ひも2本だぜい。昨今の翻訳本から注が排斥されるなんて風潮は犯罪的行為ですよ。

タイトルはパワーズのOperation wandering soulからだけどふと思いついただけで特に意味はありません。もちろんまだ読んでもいません。パワーズも原書じゃ読めません。翻訳待ってます。しっかし現実に行われたこの作戦はひどいものだな(ここ参照)。



プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR