ドラゴンは「恫喝」したのか?


松本龍が復興相を辞任した。事の経緯についてはすでに散々書かれているので繰り返す必要はないだろう。後は裏読みとして「自爆テロ」だのなんだのといわれているが、ここら辺の事情については好事家にまかせておけばいいだろう。

個人的には管直人は被災者に対して興味すら失っていいると感じていて(今やっている、というか何もしないことが見殺しでなくてなんであろうか)それがまさにこの人事において露呈したということではないか。
後任の復興相として管体制下で選対委員長として、さらに国対委員長として無能をさらし続けた上に震災後もバカ発言を連発している安住淳の名前なんかがあがったことからもそこらへんがよくわかる(安住は固辞したらしいがいろんな意味でここら辺の連中はほんとに救いようがないと思う)。

松本の辞任は当然とも思うが、一方でその反応には少しひっかかるところもあった。それが村井宮城県知事(まぁこの人も相当アレな人で、それについてきちんと批判がなされているのでしょうか、とも思うがここではとりあえず置いておく)とのやり取りの最後での「今のはオフレコな。これを書いたらその社は終わりだから」の部分についてである。

ここを捉えて「これは恫喝だ!」という人がネット上では多かったが、はたしてそうだったのだろうか。おそらくあそこは松本としては「ジョーク」のつもりだったのではないか。だいたい目の前ですでにカメラが回っていることなどわかっているわけで、本当にオフレコでやりたいのならまずカメラを止めさせるはずである。
「ジョーク」だから大目に見ろというのではない。ここら辺に日本の政治の貧弱さの一傾向が表れているように思えるのだ。

「オフレコ」について考えてみよう。
もちろん政治家が記者にオフレコで話しをするなどというのは世界中で行われていることだろう。しかし日本の新聞の政治面などを見るとその多さは異様である。
「政府首脳」「民主党幹部」「自民党有力議員」の発言などという形で真偽の確認のしようのない記事が日常的に溢れている。さらに政治家だけでなく「財務省幹部」だの「経産省中堅」などという官僚からの「オフレコ」発言も記事をにぎわす。

まず書く側からすればこれほど楽なものはないだろう。相手が記事のネタを提供してくれるうえに記事の内容が誤っていたとしてもそれはあくまで発言者の問題であると責任転嫁ができる。おまけにその発言者は匿名なので責任が問われることもない。
言う側にとっても大変都合がいい。なぜ「オフレコ」を好むのかというとそれによって観測気球を打ち上げたり印象操作を行えるからである。「管は数日以内に退陣すべきだ」という発言が記事になることで反応を窺えると同時に、そのように報じられることによってすでに流れが決しているかのような印象を与えることができる。
ここら辺は記者クラブにおける情報のやり取りでの「持ちつ持たれつ」の関係そのものであろう。

ここで疑問が出てくるのは「オフレコ」の場においてヤバい発言が飛び出した場合、オフレコの禁を犯して新聞やテレビは記事にするのだろうか。まずそのようなことはないであろう。「トンデモ大臣のオフレコ発言をスッパぬく」的記事は週刊誌の得意技であるが、そのネタ元となっているのは新聞・テレビの記者であろう。自分達で書けないことを週刊誌に回すだけなのである。

「マスゴミは麻生太郎を漢字が読めないくらいで追い落とした云々」というようなことを書いている人などを見ると奇妙な気分になる。
メディアが麻生の漢字が読めない云々を必要以上に大きく報じたのはある時点以降においては正しい。しかしそのような記事が出始めたのは麻生政権の凋落傾向が明らかになって以降だったのである。「未曾有」を読めなかったことが話題になったが、これは確か数ヶ月前のことをわざわざ引っ張り出して記事にしたものではなかったか。つまりこのことによって麻生がダメージを負ったのではなく、「世論」あるいは「空気」からのゴーサインが出たので記事にしたということなのだろう。

そもそも麻生は失言・暴言の類が多く、しかもその中には極めて深刻なものも含まれていた。だがそのような発言は新聞・テレビ等では大きく報じられることはなく、総裁選などの際に突っ込まれることもなかった。
麻生はメディアに追い落とされたというよりも、過剰に守られすぎたまま権力の頂点にまで昇ったことの結果だったのではないか。

政治家の失言というものを振り返ると、「思ってもみないことを言ってしまった」のではなく、平素から繰り返していたことを立場が変わったにもかかわらず同じように繰り返してしまったという例が圧倒的に多いだろう。
ここで問題なのは、平素なら問題発言をしても、たとえそれが深刻なものであったとしても、せいぜい週刊誌ネタ止まりということなのである。

近年のマスメディアの「失言狩り」に疑問を持つ声は多い。しかし問題はマスメディアが失言を過剰に叩くことではなく、そこに二重の基準が働いていることではないか。倫理的に問題のある発言はそれが一議員であろうが大臣であろうが批判されてしかるべきはずである。にもかかわらずある場合にはスルーし、ある状況下では激しく反応する。

日本の政治家がそれなりの地位についた時、なぜこれほど失言を容易に繰り出すのかといえば、メディアが過剰反応しているからではなく、むしろ反応しない状態に慣らされてきたためではないだろうか。
一言でいえば鍛えられていないのである。「オフレコ」という場での放言になれきってしまっているために、ここでこのような発言をすればどのような状況を招くかということに思いいたらないのではないだろうか。

松本龍はそれなりに当選を重ねたベテラン議員である。裏を返せばそれだけ永田町の慣習に染まっているということでもある。
政治家の失言は身内のつどうパーティーや記者会見で発せられることが多い。このような発言の音声を聞くと、周囲の人間(会見では当然記者)が笑っていることがしばしある。「問題発言」があってその場で抗議が殺到したり会見がつるし上げ状態になることはほとんどない。前述したように、それは「空気」などからゴーサインが出て初めて行われるのである。
松本の態度について「あれで辞任なら石原慎太郎はどうなんだ」という人がいたが、石原への異常ともいえる「寛容さ」は「空気」からのゴーサインが出ていないということが一因であろう(「石原さんは少々口は悪いかもしれないけどやっぱり頼りになる人」というのが結局は先の都知事選で示された「空気」なのであろう)。

「身内」(ここには政治部の記者も含まれる)に対しては「ブラック・ジョーク」が好まれる。推測であるが、松本も平素からこのような「きわどいジョーク」を好んでいたのかもしれない。そしてその評判は「身内」からは悪くなかったのかもしれない。

今回の件で地上波のニュースやら新聞やらを細かくチェックしたりはしていないのだが、僕が見た範囲では多くが松本の「恫喝」発言を落として、「態度の悪さ」を問題としている。
これは松本の恫喝が効いたというより(すでにフルボッコ状態なのでそんなことに配慮など必要ないはずだ)メディア自身の後ろめたさであり、「身内」の理論である「オフレコ云々」が注目を浴びてほしくないということの表れではないかとも見えてしまう。

日本の政治家のレベルの低さを嘆く声は多い。そしてその理由をマスメディアがあまりに小さなことに拘泥するためスケールの大きな政治家が育たないという意見も目にするのだが、長々と書いたような理由からそれには同意しかねる。むしろメディアとの馴れ合いというぬるま湯的な環境によってスポイルされた結果であるように思える。
これはまた官僚についても同じであろう。ポピュリズム的批判はあっても、肝心の政策においてはマスメディアは官僚に容易にコントロールされる。当然ながら官僚もスポイルされ、全く合理性を欠いた政策(今でいえば消費税増に加え復興費用の出し渋り)に邁進する。

こう考えると、松本の「恫喝」が生まれた背景とマスメディアの反応に、現在の日本の政治の状況が象徴されているように見えてしまうのである。


なお松本龍も麻生太郎も福岡選出の国会議員であるが、ここで両名を取り上げたことについては一切他意はございません。ほんとのほんとに。

プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR