ここ数日の中毒

ウィルコがニック・ロウをカヴァーして



共演もしたりして



なんとなくいろいろ見てたらこの動画がここ数日中毒のようになってしまった。
ニック・ロウの名前は知らなくてもこの曲はどこかで聴いたことがある人は多いだろう。
僕の認識不足なのかもしれないが、ニック・ロウがアイドル扱いされていたってイメージはないのだが、ここで飛ばされる黄色い歓声はまさにアイドルへのそれである。2分28秒くらいにニック・ロウは苦笑しながら首をひねっているが、当人もどうしたことかと思っていたのかもしれない。これはオーストラリアのようなんだけど、ここ限定でのことだったのかなぁ。
それにしても歌詞がややうろ覚えっぽくていささか調子外れな女の子の歌声がなんだか好きでリピートしてしまう。




僕のように70年代後半の音楽を後追いした世代にとってはニック・ロウといえばダムドのプロデューサーであり



そしてエルヴィス・コステロのプロデューサーというイメージが強い。やっぱコステロはニック・ロウプロデュースでアトラクションズを従えていないと、という気にもなってしまう。

(What's So Funny 'Bout) Peace Love and Understandingなんてコステロの曲って思ってる人も少なからずいそう。
このPVはホテルの廊下のとこ好きだなぁ。意味わからんが。



踊るアトラクションズ。ブルース・トーマスも……



Live Stiffsって今こんなにプレミアついてるのね。





コステロは I Just Don't Know What to Do with Myselfをカヴァーしてて、今となっては何の不思議もないんだけど当時はどういう受け取られ方だったのかな。



Miracle Manのライヴも好きなんだけど初期の時以外やってないような。恰好いいんだけどなぁ。



僕は「ハンバーグとカレーが大好き!」的なお子様な耳の持ち主なもので、最近のニック・ロウやコステロの「大人」な感じも悪くはないとは思うもののやっぱり物足りなくも思うのですよね。





アトラクションズのブルース・トーマスとコステロのことについてはウィキペディアを参照
この自伝って読んでないんだけど面白いのかな。さすがに邦訳は出ないだろうし、わざわざ読みたいかといえば微妙だが。




それにしてもこの破壊力!






プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR