『代替医療のトリック』

サイモン・シン&エツァート・エルンスト著 『代替医療のトリック』





シンは『フェルマーの最終定理』や『暗号解読』などで有名な科学ジャーナリストであり、エルンストは代替医療分野における世界初の大学教授である。
この二人が、鍼、ホメオパシー、カイロプラクティック、ハーブ療法を中心に代替医療とそれを取り巻く環境に迫る。

結論からいえば予想通り、ホメオパシーは論外であり、鍼、カイロプラクティック、ハーブ療法も極めて限定的な効果しかなく、それも通常医療で得られる以上の効果は期待できず、そればかりか危険なものすらあるという。
「効いた気がする」というのは多くの場合プラセボ効果にすぎないのである。

著者たちは代替医療を否定するために否定的なデータばかりを恣意的に集めたのではなく、二重盲検法など科学的に信頼にたるデータを集めた結果であるが、釈然としないという思いを抱く人もいることだろう。

ホメオパシーというものは、有効成分が少なければ少ないほど効果は強まるなどと論理的に考えればどうあっても有り得ないのであるが(本書に「レメディを飲み忘れた患者は、有効成分を過剰摂取することになって死亡しかねない」というジョークがある)、そうは言われても長年行われているものだし、信じてる人もこれだけいるのだから少しは効き目があるのではないか、と信じてしまう人もいるかもしれない。

東洋人にとっては馴染み深い鍼であるが、僕は鍼を打ったことはないしこれからも打とうとは思わないものの、その僕のような人間ですら、あれだけ長いこと行われて効いていると感じている人も多い鍼の効果というのはもう少しあるのではないか、というような(特に根拠のない)思いというのがどこかにある。

本書はそのような根拠は無いがなんとなく信じている患者に向けられたものだと思われるかもしれない。そうでもあるのだが、それだけではない。

代替医療を擁護する意見で最も多いのが、たとえプラセボ効果だとしても、効果があるのならそれでもいいではないか、というものだろう。
このような意見への反論は簡単である。最近ではスティーブ・ジョブズが癌と診断された直後、代替医療に頼ろうとしたがために寿命を縮めたということが話題になったが(本書でも似たような有名人の例があげられている)、このように代替医療に頼ることによって通常医療を忌避し、その結果命が奪われることが起こりうる。これが当人の選択であればまだ「自由」の問題だとできるかもしれないが、子どもなどの病気に保護者が代替医療に頼ろうとすることを看過することはできない。

本書はチャールズ皇太子に捧げられているが、チャールズは代替医療の熱心な擁護者であり、彼のような影響力のある人物が代替医療にお墨付きを与え、悲劇を誘発するということは厳しく非難されても仕方がないだろう(日本でも「え、あんな人が」って感じの有名人がホメオパシーなどにはまってたりもする)。

このように代替医療を信じ、広めてしまう人のことも問題視されているが、本書の肝はむしろプラセボ効果によって消極的ながらも代替医療を認めてしまうような医者や科学者に向けられているのかもしれない。
イギリスのNHSではホメオパシーのレメディの処方が実際に行われるが、このような医者は必ずしもホメオパシーを信奉しているわけではない。「風邪気味でしょうから1日寝てれば治ります」ということでは患者があまり納得しないので、とりあえずレメディを出しておこうということがあるようだ。レメディ自体は砂糖であるので害はないし、それで患者が納得するのならいいではないか、という態度は医師として誠実な態度といえるのだろうか。

「われわれがプラセボにもとづく代替医療は用いるべきではないと考える主な理由のひとつは、医師と患者との関係が、嘘のない誠実なものであってほしいと思うからだ」(p.315)とあるように、これは誠実さの問題、つまり倫理に関わることである。

医師であり科学ジャーナリストでもあるベン・ゴールドエーカーの次のような言葉も引用されている。
「主流派の医師は、昔のやり方に戻って、プラセボ効果を最大限に引き出そうとする代替医療セラピストの手管を使いたいのだろうか? その問いにはすぐに答えることができる。断固、お断りだ。かつて医師がまとっていたマント――教師然として、家父長主義的で、神秘化して煙に巻く権威の象徴としての衣鉢――はすでに代替医療セラピストの手に渡った。そのマントを再びまとうためには、大半の医師にとって不愉快なもの、すなわち不誠実さが必要なのだ」(pp.316-317)

通常医療に対する不満や不信をきっかけとして代替医療に頼る患者は多いだろう。
もちろん通常医療は万能ではない。限界もあるし、様々な過ちが現在進行形で行われてもいるだろう。当然ながらそれに誠実に向き合わなくてはならない(それこそが科学的態度であろう)。
人々を代替医療へ走らせるもの、それは通常医療が万能ではないことばかりでなく、誠実さに欠ける、非倫理的態度にもその要因はあるのだろう。


原著は2008年、訳書は2010年の刊行なので必要以上に現在に引きつけて読むことは自重すべきなのだろうが、科学における「誠実」さ、倫理というものに嫌でも向き合わなくてはならない今読むと、さらに考えさせられることも多いようにも思える。
プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR