怪しいと思いだすと……

FD改竄を朝日新聞がスクープした時、
なんだか怪しいと思った人が少なからずいたのではないか
(というか僕がそうなんだけど)。
前田検事をスケープゴートにしてトカゲの尻尾切りで、
村木さん問題の幕引きを図っているのではないか、と。

その後事件はさらに進展し、ついには
大阪特捜のナンバー1,2が逮捕にまで至った。
これでトカゲの尻尾切りではなかった、
のかと言うとそうは思えないところもある。

最高検が今何を考えているのかを推測すると、
一つは検察全体へこの問題が波及するのを防ぐこと。
もう一つは東京地検特捜部を守ることではないか。

つまりトカゲの尻尾は前田検事ではなく
大阪特捜なのではないか、という疑問がわいてくる。

この件で、なんだかぁ、と阿藤快ばりにつぶやきたくなるのは
やはりマス・メディアの報道である。
現在のこの問題の報道も
「リーク情報絶賛垂れ流し中」なのではないかと思えてきてしまう。
(週刊誌ネタだが「正義感溢れる検事が登場!」って)。

前田検事は「エース」と呼ばれていたと報道されたが、
彼の過去に担当した事件を見るとむしろ
「疑惑の検事」と呼ばれるほうがふさわしいように思える。
このことを批判的に取り上げた記者クラブメディアはあっただろうか。

改竄事件が明らかとなった後も特捜OBが
過去を懐かしみ、現在がなんと堕落したものか、と
嘆く記事がよく出る。
しかし検察(とりわけ特捜部)の過去を
批判的にウォッチしていた人からすれば
ついに来るべきところまで来たという感じなのかもしれない。

今回の件で当然特捜の存在自体に根本的な疑義が
出てもおかしくないものだが、そのことを正面から論ずる
記者クラブメディアはない。

さらに日本の司法全体の「後進性」が当然問われるべきだが、
そのことへの言及もほとんど見られない。

日本人の中には、自分達がさも「近代化」され、
中国や韓国の「前近代性」をあざ笑う人間がいるが、
こと司法に限れば日本はまさしく「前近代」国家であろう。

その象徴が「人質司法」と呼ばれるものだ。
おそらく「近代化」された欧米でこのようなことが行われれば、
いくら自白調書が取られようとも裁判で証拠として
採用されることはないだろう。
そもそも一般的な事件では
異常な長期拘留を裁判所が認めること自体が有り得ないだろう。
もちろん欧米各国で、「国家のセキュリティ」に関わる問題では
異様なことが行われることもあるし、一般の刑事訴訟でも
ひどい冤罪が皆無というわけではないだろうが、
傾向としては日本よりははるかにマシであろう。

「人質司法」を可能にしているものは間違いなく裁判所である。
逆に言うと裁判所さえしっかりしていれば
ある程度は日本の異常な司法状況は改善されるということでもある。

2日の朝日新聞のオピニオン面で魚住昭氏が
裁判所が「検察の行為を追認する機関に成り下がった」と
批判している。
ここ30年ほどで拘留請求が却下される率は下がり、
保釈率も大幅に低下しているという。
裁判所が自ら「人質司法」を促進しているのだ。
この背景を魚住氏は「最高裁の人事を通じた思想統制」を
指摘している。

この問題はこれでもちろん考えなければならないが、
注目すべきは現在はフリーのジャーナリストである
魚住氏のインタビューということである。
このような意見を社説や司法記者クラブの人間が
署名入り記事で書くということがあるだろうか。

検察の問題は裁判所の問題でもあり、
裁判所の問題はマス・メディアの問題でもある。

で、ここからは完全に陰謀論なので笑って読みとばしてほしい。

管新内閣で柳田氏が法相に任命されると、いったいなぜという声があがった。
彼はこれまで司法の問題にほとんど関心をしめしたことが
なかったためだ。
大阪特捜をスケープゴートにして幕引きをはかる、というのは
すでに法務官僚と管氏(というか仙石氏)との間で
話がついていて、司法改革にリーダーシップを発揮しそうな
人間をあえて外した結果の人選ではなかったのか。

なぜこのようなことが言いたくなるかというと
やはり管政権のあまりに腰がひけた対応である。
もともと民主党は小沢氏の一件とは関係なく
司法改革に前向きだったはずだ(マニフェストには
取調べの可視化が入っていた)。
本来ならこれは「チャンス」のはずだ。
法務官僚も検察幹部もこのような状況では
抵抗を示すこともできないはずである。

枝野氏なんて一応は弁護士なのだから
中国に対して「勇ましい」発言をする前に
司法に関してしっかり取り組んではいかがであろうか、
という嫌味も言いたくなってくる。

自戒をこめて言うと僕自身「陰謀論」は嫌いではない
(あくまでネタとしてね)。
しかし陰謀論がはびこる世の中というのは
大変危険なものである。

その防波堤にならなければならないマス・メディアがこの状況では、
怪しいものはどこまでも怪しくなっていってしまう。

緒方重威氏のインタビュー








プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR