サイエントロジー本

ザ・マスター』の感想で書き忘れてたのでちょこっと。

『倒壊する巨塔』でピューリッツァー賞を受賞したローレンス・ライトの新作はサイエントロジーを扱ったGoing Clear: Scientology, Hollywood, and the Prison of Beliefなんだけど、これって邦訳出るのかなあ。サイエントロジーというとやはりトム・クルーズが真っ先に浮かんでしまうのだけれど、NPRで読める抜粋ではまず最初に登場するのは1975年、当時21歳のポール・ハギス。ハギスは後にサイエントロジーを脱会することになる。

正直サイエントロジーにそこまで興味があるわけではないので、翻訳が出たら読もうかなという感じだが。




サイエントロジー本で翻訳を出すならこっちでも良さそうだけど。




NPRのライトのインタビューはこちら

こっちではポール・ハギスもインタビューに答えている。







プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR