『白痴』

黒沢明監督『白痴』




特にきっかけがあったのではないが見てないなぁと思って。

予備知識なく見始めたら編集がめちゃくちゃで、なんじゃこりゃだったんだけど
4時間のはずが無理やり3時間弱にさせられたとのこと。
そのせいもあって正直出来としてはかなりしんどい。

諸般の事情などを考慮したとしても、
そもそも『白痴』をきちんと読めてたのかなぁという感想を抱かざるをえなかった。
形を借りてまるで別物をやるのなら、賛否はあるにしてもそれでありかなとも思うんだけど。

ドストエフスキーの原作ではキリスト教の(もちろんドストエフスキー流のだが)
要素が大きいのだけど、黒沢版ではそこらへんがすっぽり落とされて
粗筋をなぞるだけのようになってしまっている。
もしかしたら完全版にはそこらへんに代わるものがあったのかもしれないが。

あとここは完全に個人的感想だけど
ナスターシャ(那須妙子w)もムイシュキンも今ひとつ僕のイメージとズレてしまっている。
俳優がどうではなく人物造形としてね。
キャスト的にはかなり豪華なんだけど。う~んちょっと残念。
一般的な評価ってどうなのかしらん。

『白痴』に興味があってまだ未読の人がいたら江川卓さんの本もぜひ読んでほしいなぁ。
江川さんの「謎とき」シリーズはほんと面白い。





プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR