落下、吊り下げ

ウィルコのouttasite のPVはこんなのであるが……



スカイダイビングって「飛んでる」っていう人がいるけど、高所恐怖症気味の人間からいわせると「落ちてるだけやんけ!」としか思えない。


こちらはレオス・カラックス監督の『汚れた血』のメイキング。



ごらんの通りジュリエット・ビノシュは単独降下(というのか知らないけど)をしている(六分過ぎ)。もし自分なら、主演女優にして恋人がやりたいと言い出しても「餅は餅屋、こういうのはプロにまかせましょう」って感じになってしまうのだろうなあ。

『汚れた血』にはスカイダイビング直前に気を失って宙吊りになったビノシュをドニ・ラヴァンが助け、二人でパラシュートで舞い降りるという場面がある。ここでパラシュートの内側の位置にカメラがあって真下を見下ろすかたちで二人の姿を捉えているのだが、初めてみた時は合成っぽくもないしどうやって撮ったのだろうと疑問であった。これもメイキングにあるように、いわれてみれば何のことはない、気球からパラシュートの紐を垂らして二人を吊り下げて撮っているのである(九分過ぎ)。ラヴァンの表情は結構固い感じもするけど、ビノシュは楽しそうだな。

上空数千メートルから飛び降りるのも嫌だけれど、気球にぶら下げられるのもたいがいだよなあ、と自分の小心さというものを改めて確認してしまいましたとさ。





プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR