『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』

『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』




ボブ・マーリーの生涯を描いたドキュメンタリー。「公式」のものといってもいいのだろうが、女性関係などでは否定的な面も取り上げるなど過度の神格化がなされているわけではない。あれだけの人生を送った人だけに、思い入れの強い人にとってはあれがない、あそこはもっと深く掘り下げるべきだ、といった不満がないことはないのだろうが、謎めいていた父親の存在をはじめとする生い立ちからレゲエの誕生、ラスタファリといった主だったところはだいたい押さえられているのではないだろうか。ボブ・マーリーについてそれほど詳しいわけではないので偉そうなことは言えないが、過不足ないきっちりとした作りになっており、入門編としては最適だと思う。

「ノー・ウーマン・ノー・クライ」のゴスペル風デモが使われていて初めて聴いたのだけれど、こういう感じもなかなかいいものですね。



あと、アイランド・レコードの創設者のクリス・ブラックウェルはボブ・マーリーは定期健診を受けていれば助かったかもしれないと言っている。メラノーマが最初に発見された時点ですでに手遅れだったのか、この時きちんと治療していればなんとかなったのかはわからないが、ついにボブ・マーリーの年齢についに追いつくことになってしまった身としてはちょっとグサっときてしまった。いろんな人がどんどん年下になっていくなあ……





プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR