丸山真男と竹内好

鶴見俊輔の『竹内好  ある方法の伝記』を読んでいたら、「あとがき」に魯迅友の会編『追悼 竹内好』(1978年)に収録されている「丸山真男氏に聞く 「好さんとのつきあい」」からこんな引用がなされていた。孫引きになるが長く引用してみる。

「好さんという人について、ぼくの好きな点の一つは、自分の生き方を人に押しつけないところなんです。よく好さんのことを「厳しい」という人がいるでしょう。でもね、いわゆる「厳しい評論家」というのは、たいがい他人に厳しい割合には自分には甘いんです。で、自分の生き方を規準として他人を裁く驕慢なところがあります。が、好さんにはね、自分とちがった生き方を認める寛容さがあるんです。もちろん身の処し方については非常に厳しい意見をもっていますよ。でも、その人が単に世間体とか時流とかに従うのではなく、その人なりの立場から一つの決断をした場合には、自分ならばそう行動はしないと思っても、その人の行き方を尊重するという、原理としての「寛容」をもっていました。それは残念ながら日本の知識人には非常に珍しいんです。他者をあくまで他者として、しかも他者の内側から理解する目です。これは日本のような、「みんな日本人」の社会では育ちにくい感覚です。日本人はね、人の顔がみなちがうように、考え方もちがうのが当たり前だ、とは思わない。言ってみれば、満場一致の「異議なし社会」なんです。ですからその反面は異議に対する「ナンセンス」という全面拒否になる。もっとも日本にも「まあまあ寛容」はあります。集団の和を維持するために「まあまあ大勢に影響はないから言わせておけ」という寛容です。そういう「寛容」と「片隅異端」とは奇妙に平和共存する。だけれども、それは、世の中の人はみんなちがった存在なんだという、それぞれの個性のちがいを出発点とする寛容ではないんです。好さんの場合、おそらく持って生まれた資質と、それから中国という日本とまるでちがった媒体にきたえられたこととがあるんでしょうが、彼のゆたかな他者感覚は島国的日本人と対照的ですね。これは個人のつき合いだけでなく、実は彼の思想論にも現れています。が、それを論じ出すと大問題になるのでここでやめます」。


丸山は竹内のことを好〔ハオ〕さんと呼んでたいへん親しかったことは有名である。丸山と鶴見、あるいは鶴見と竹内が親しいのはよくわかるのだが、丸山と竹内が互いに馬が合うというのが長らくよく実感できないでいたのだが、それはこのあたりにあったのかもしれない。

それにしてもこういうのを読むと、丸山という人はキャッチーに状況を切り取るのがうまい人なんだよなあ、ということも改めてよくわかる。もちろんキャッチーなだけに警戒しなければならないというところでもあり、これも安易な「日本人論」だといえばそうともいえるだろうが。
丸山のこうした「ジャーナリスト的」とでもいおうか、そういった感覚というのは諸刃の剣という部分もあるとはいえ、膝を打つような思いになることもまだまだ多い。




プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR