『タバコが語る世界史』

和田光弘著 『タバコが語る世界史』




コロンブスによる「新大陸」の「発見」はまたタバコの「発見」でもあった。本書は「発見」される以前に中南米においてタバコがいかに用いられていたのかから、ヨーロッパによる「発見」、そして世界中への伝播、ついにはBAT会長が非喫煙者にして自分の子どもには吸わせないと明言するようになるまでの歴史がコンパクトにまとめられている。


面白かったのが紙巻タバコの普及について。トルストイはクリミア戦争に従軍した体験をもとに『セヴァストーポリ』を書いた(最近のクリミア半島情勢のニュースなどを見るとついこの作品を思い浮かべてしまう)。その中で、「セヴァストーポリ要塞の攻防戦で、敵対する将兵たちがタバコをつうじて交流する場面」がある。そこにはパイプのみならず紙巻タバコも含まれている。つまりこの時代にすでに「パイプと同様に紙巻タバコを愛用するようになっている」将兵たちがいたのである。

紙巻きタバコは1840年代にイギリスに伝わっており、1850年代後半にはフィリップ・モリス社がクリミア戦争帰還兵向けに「トルコ葉を用いた「ロシア風」紙巻タバコを製造・販売して繁盛した」。

「ただしここで注意すべきは、この時点においてすら、紙巻タバコは決して主要なタバコ消費の形態ではなかったという事実である。ましてや、クリミア戦争を契機に人々の嗜好が急速に紙巻タバコへ移行したなどということはない。(中略)欧米の多くの国々において紙巻がタバコの消費全体の半分を占めるようになるのは、ようやく第二次大戦中、もしくは戦後のことなのである」(p.61)。

61ページの図表によると、紙巻がタバコ消費全体の50パーセントを越えた年はイギリスが1920年だがアメリカ合衆国は1941年。オランダにいたってはじつに1972年のことなのだという。


映画などの時代考証においてタバコというのはぞんざいに扱われていそうだが、架空のキャラクターにおいてもそうかもしれない。シャーロック・ホームズは「パイプを燻らすだけでなく、紙巻タバコや葉巻も嗜んでいる」。ただし「一連の作品のなかでホームズが手にするパイプは、まっすぐなクレイ・パイプや桜材のパイプなどであって、大きくくびれたひょうたんのキャラバッシュ・タイプを愛用する姿は、人口に膾炙するも後世の創作である」(p.72)。

ホームズは好きとはいえそれほど詳しくないものでこのあたりにはあまり注意を払ってこなかったのだが、ただやっぱりホームズにはキャラバッシュ・タイプの方が似合うような気もしてしまう。現代になるとニコチンパッチにまでなってしまうのだが。

またホームズはタバコの灰についての論文も書いているが、当時紙巻タバコのシェアが一割ほどだったのというのは多いのか少ないのか微妙なところだが、このシェアを知っているのと知らないのとではホームズの論文の意味の捉え方も少し変るのかもしれない。


ドストエフスキーの『罪と罰』には「タバコを巻くようなふりで立っているでしょう」というセリフが出てくるが、ペテルブルクでは1865年に街頭での喫煙が解禁となっている。このセリフは「やはり紙巻タバコの普及と、皇帝による「大改革」の一端を示唆する表現といえよう」(p.66)。

同じロシアでもチェーホフの一人芝居『タバコの害について』では「喫煙者の登場人物がタバコの害を論じる文句が散見され、ニコチンの化学式に言及するとともに、「タバコには恐ろしい毒が含まれているという事情から見て、どんなことがあっても喫煙など、いたすべきではないのである」」というセリフもある。これは軽い喜劇なものでどこまで真剣に受けとるべきかはともかくとして、医師でもあったチェーホフならではと同時に、チェーホフが肺を病んでいたことも影響していたのかもしれない。


本書には登場しないが、タバコというとフロイトについても考えてみたくなる。フロイトがコカインを魔法の薬だと一時信じてしまったことは有名な「黒歴史」である。ただフロイトは自身でもコカインを吸引していたが、その有害性に気づいたあとはすっぱりとやめている。一方で葉巻に関してどうかというと、喫煙が原因とみられる口蓋のガンになりその後遺症に苦しみ、再発のおそれがつきまとったにもかかわらず、周囲からなんと言われようとも、肉体が限界に達するまで葉巻をやめなかった(やめられなかった)のである。

ちなみに僕自身は非喫煙者で、健康に気を使ってのことではなく肉体的に受け付けないから吸わないのであって、仮に健康を増進させるものだとしても吸うつもりはない(というか吸えない)。文化史的に興味があって本書を読んでみたのだが、こういった歴史を概観すると改めてタバコ・ロビーの強力さというものに改めて目がいってしまうのだが、喫煙者にはタバコの規制が強まっていく状況はまた違ったように映っているのだろうけど。



プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR