『ゴジラ』

『ゴジラ』




前評判が高かったがそれをふまえても「期待以上」に面白く観れた。ただこの作品の場合そもそも「期待値」をどのあたりに置いていたのかというのが人によってかなり異なることだろう。

僕の「ゴジラ」との出会いというのはあまり幸福なものではなく、「平成ゴジラシリーズ」が本格化したのがちょうど小学校高学年以降なのだが、「今さらゴジラもないだろう」という「半笑い」的な印象を最初に抱いてしまっていた(まあそういう年頃ですよね……)。その後ゴジラ関連の本を読むなどして一作目の製作過程やその受容史などを知り、なぜゴジラという存在が特別であるのかということは頭ではそれなりに理解したつもりなのだが、個人的には思い入れを持つことなく現在に至っている。

「半笑い」感が拭えなかった最大の理由は、ゴジラが「キャラ化」したその結果を先に知ってしまっていたせいだろう。ゴジラを読み解くにあたってエドマンド・バークの「崇高(sublime)」さの概念を用いずとも、日本のみならず世界の多くの人々がゴジラに惹き付けられたのは、その存在に「畏れ」の感情が掻き立てられたからであろうことは直感的に理解できるだろう。この「畏れ」の感情はゴジラが「キャラ」となっていくことによって薄まり、失われていくことになる。そしてハリウッド版ゴジラ第一作もその存在が「畏怖」の感情を呼び起こすものからは遠いものだった。

今回の『ゴジラ』の評価が高く、また個人的にも楽しめたのは、ゴジラの造形などの外見上の「リスペクト」のみに限らず、この「畏怖」という感情こそがゴジラの肝であり、それをどのように作品に導入するかということに製作陣が自覚的であったおかげであろう。ゴコラをなかなか登場させず、ためにためてついにその姿が現れるという展開はそれが端的に表れている部分だ。

この手の作品の場合「突っこみ所」が生じるのは仕方のないことであるが、大切なのは「突っこみ所」をなくすことではなく(そんなことは不可能であろう)、「突っこみ所」があってもそれが気にならないくらい観客を映像や物語に没入させることだが、その点でも一定の水準はクリアされていたと思う。


とはいうものの、いくつかどうしても引っかかる点があったのもまた確かである。

ゴジラ第一作の「オキシジェン・デストロイヤー」が核兵器のメタファーであることは明らかであるが、ゴジラ自体もまた核のメタファーでもある。しかしそう考えると、今回のゴジラの存在は人間にとってあまりに都合が良すぎたという印象は否めない。「毒をもって毒を制する」という話ではなく、普通に「解毒剤」としての機能となってしまった感は強い。

また、広島への原爆投下を話題に出したことを評価すべきか、あるいはとってつけたように出されたことに「ハリウッド」で製作されることの限界を感じたかについては感想は分かれるかもしれない。今作で核の使用を正当化する、「大勢の命を救うためにはやむをえない」という論理はまさに原爆投下を正当化する論理でもある。このあたりについてもう少し深く考えさせるように持って行くこともできたのではないかという物足りなさは残った。

「ハリウッド」に登場する核兵器について日本人が(と「日本」を特権化してしまうことには大いに問題があるのだが、その点はとりあえずここでは置いておく)不満に感じる最大の点は、核兵器を超強力な爆弾としてしか描かれないことだろう。

テクノロジーの進歩によって軍事技術も様々な「進化」を遂げたが、核兵器の登場によってそれまでの「進歩」とはまったく異なる局面に人類史が突入したということの表れが「核の不安」であり「核の時代の想像力」であろう。日本のみならずアメリカを含む多くの国々でこの「核の恐怖」は共有されたが、「ハリウッド」では全てとまではいわないがほとんどの作品がこの「核の想像力」を排除する形となっているのは、自覚性の欠如というよりも、そうでもしないことには「核の恐怖」に耐えられなかったということかもしれない。

『ゴジラ』という作品こそが「ハリウッド」が作り上げた不感症を打破すべきであったのだろうが、本作での核の扱い方はむしろやはりその「限界」を感じさせるものでもあった。


このように「核」をめぐるメッセージ性の継承という点では不満もあるが、「エンターテイメント」としての『ゴジラ』の精神の継承という部分ではよくできていたし、十分に楽しむことができた。



プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR