『トリュフォー最後のインタビュー』

『トリュフォー最後のインタビュー』を読んでいたらこんな箇所があった。

――テレビで映画が放映されることには抵抗を感じませんか。日本の場合は、番組の時間枠に合わせて作品がカットされたり、途中でコマーシャルが入ったりして、大変不愉快なものです。

トリュフォー フランスでは、少なくともそんなことはありません。映画の長さに合わせて番組が組まれるので、カットされることはないし、コマーシャルなどで中断されることこともありません。それに、テレビでしか映画を見ない人がいるということも考える必要がある。そうそう、昨夜、ホテルのテレビの映画番組で『外人部隊』(ジャック・フェデル監督、一九三三)を見ていたら、突然、せりふもないのに、画面の上のほうに字幕が出ました。あれは何かの説明ですか。下のほうに出る字幕がスーパーインポーズであることはわかりますが……。

――あれはストライキ中止のニュースです(笑)。映画の説明ではありません。

トリュフォー これはおどろいた(笑)。映画の放映中に、平気で画面にあんなふうに出してしまうのですか。前代未聞ですね(笑)。

――クライマックスの美しいラブシーンであろうが何であろうが、この手の情報のテロップが画面にお構いなしによく流れます。テレビで放映される映画にはそれほど注意が払われていないのです。

トリュフォー フランスでは、いや、どこの国でも、とても考えられないことですね。
 (pp.166-167)


このインタビューは1982年に行われたものだが、トリュフォーよ、30年後のニッポンのテレビでは映画の説明が画面の上に出るようになってしまっているのですよ!


とりわけ80年代までは西ヨーロッパでのテレビのあり方はアメリカ的なものとは非常に異なっていて、日本はどちらかというとアメリカ的なので、トリュフォーは映画以外の番組を見てもとまどったかもしれない。この時トリュフォーが見ていたのはミッテラン大統領来日記念「懐かしのフランス名作集」で、深夜にフランス映画を集中的に放送したらしいのだが、これはNHKだったのだろうか。今だとNHKでも地上波じゃこんな企画やれないのだろうけど。ヨーロッパのテレビ事情も90年代に入ったころから大分変ったなんて話をどこかで見聞きした覚えがあるのだが、今はどんな感じなのだろう。

あとスト中止がニュース速報で流れるということは交通機関なのだろう。僕ぐらいの世代だと(70年代後半生まれ)こういうニュースの記憶はなんとかあるのだが、若い人からすると交通機関に関わらず大規模ストが起こるということ自体が想像がつかないのかもしれない。国労なんかのやり方には様々な意見があろうが、労働環境が明らかに現在の方が悪化していることを考えるとやはり労働組合とストというのは大事なんだと思うのだけれど、ストは労組の権利だということがどこまで社会に共有されているのかというと、日本ではなんとも心もとない。フランスは30年以上前とあまり変わらずにストが頻発しており、ストが権利だという意識は日本とは今でも比べものにならないほどなのだろうが、このあたりも多少変化してきてるなんて話もあったりするしなあ。


閑話休題。

この本は1982年2月に「フランソワ・トリュフォー全集」の上映会に合わせて来日したトリュフォーへの山田宏一、蓮実重彦によるロングインタビューを中心に、1979年のものと1983年に行われたインタビューが合わせて収録されている。特に82年のものは「トリュフォー全作品についての体系的なインタビュー」なだけに、監督前夜から当時の最新作の『隣の部屋』まで、トリュフォーによるトリュフォー入門としても読める。

また83年3月のインタビューは蓮実がパリで完成間際の『日曜日が待ち遠しい!』を特別に見せてもらった後に行われているが、まさかこの時はトリュフォーがこの一年半ほど後に亡くなるなどということは想像もしていなかったことだろう。蓮実の「最後のインタビューを終えて」には、同世代の優れた人物を早くに亡くすことの辛さがにじみ出ている。

ただやはりある程度伝記的な部分の知識がないとわかりにくいところもあるので、トリュフォーをまったく知らないという人はまずは伝記に目を通してからこのインタビュー集を入門編として使う方がいいかもしれない。






プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR