イラっとくる?

バート・バカラック自伝』の中のエルヴィス・コステロのインタビューで、1963年の「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」に、ビートルズ、マレーネ・ディートリッヒのバックでピアノを弾いていたバカラックと並んでコステロの父親も出演していたことを知った。

ということでということでもないのだが、ぼーっと動画を見ていて、久しぶりにこれを……




ドラムの女の子はピート・トーマスの娘のテネシー・トーマス。ザック・スターキーをはじめドラマーって二世が結構多いような気もするが(ドラムを始めるにあたって最大の難関がおき場所と練習場所であることを考えると、不思議でもなんでもないのだろうけど)、こうして親子で並んでドラムを叩く機会というのはそうあるものでもないかも。ジェイコブ・ディランは二世つながりということではないのだろうけど。

テネシーがいたザ・ライクは結構好きだったんだけど……




解散してしまったのだが、一緒に出ていたジェニー・ルイスと一緒にやったりしてる。もともと仲が良かったのかこの番組で知り合ったのかは知らないが。




コステロのこの番組が放送されたのは多分『(500)日のサマー』が公開されるかされないかという時期だったと思うが、あの映画を見た後だとどうしてもズーイー・デシャネルに目がいってしまう。
個人的にはズーイー・デシャネルって外見的にも当人のキャラ的にもそれほど好みってわけではないのだけれど(向こうからしたら知ったことかということだが)、でもこの史上最強レベルのカラオケを目の前でやられたら、そりゃまあトム君みたいな顔になってしまうのはやむをえないところでありまして……




ただ一方でコステロの番組を見ると「なんとなくイラっとくる」と感じてしまう人もいそうにも思える。




ティム・オブライエンの『ニュークリア・エイジ』には村上春樹による詳細な訳注というか、訳注の体裁を借りた60年代についてのエッセイというべきか、とにかくそういうものがついていて、これを読むだけでも楽しい。そこでメリー・ホプキンについても触れられているが、ひどい言われ方をしている。

『悲しき天使』は「ポール・マッカートニーのプロデュースで、新人のメリー・ホプキンが歌ってアップル・レコードからリリース。あまり立派な出来とはいいがたいセンチメンタルな曲である。(……)日本でもすごくヒットして、ラジオからひっきりなしにこの曲が流れてきた。「昔、よく行った酒場があって……」という出だしの歌詞を聞くたびに、私(村上)はいいかげんうんざりしたものであった」。




オブライエンがこれを読んだら、「ハルキ、許さん!」となっていたかもしれない。「ティム・オブライエンはこの曲が好きなのか、短編『ゴースト・ソルジャー』の中でもライトモチーフのごとく何度も繰り返し登場させている」。
オブライエンはこう書いている。「僕らは僕の兵舎に戻って、ぼんやりとした明かりの中でブーツを脱いで、テープ・デッキでメリー・ホプキンの歌を聴いていた。(中略)エレガントな高い声。そのメロディー。戦争が終わったら僕はロンドンに行ってメリー・ホプキンに結婚を申し込もう。ヴェトナムにいるとそうなってしまうのだ。センチメンタルになって、メリー・ホプキンみたいな女の子と結婚したいと思うようになるのだ」。

ズーイー・デシャネルとは全くタイプが異なるのだが、今になってメリー・ホプキンを聴くと、ちょっとイラっとくる気持ちはわからなくはないのだが、同時にメリー・ホプキンみたいな女の子に結婚を申し込もうという気になってしまうのもわからなくはないような。リアルタイムでメリー・ホプキンを聴いていたら、はたしてどのような感情を抱いていたことだろう。




そういえば昔知り合いだった女の子が「節子、それメリー・ホプキンやない。メリー・ポピンズや!」という勘違いをしているのにでくわしたことがあったが、あの日から大分時が流れたけど、ずっと会っていないあの子は今どうしているのだろう、なんて遠い目をしてしまう気分の時にメリー・ホプキンを聴くと、「センチメンタルになって、メリー・ホプキンみたいな女の子と結婚したいと思」っちゃったりしてくるのかもしれない。



と、自分でも何書いているんだかよくわからなくなってきたのでこのへんで。



プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR