27歳問題

ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョップリン、ジム・モリソンは27歳で亡くなっており、「27クラブ」なる呼ばれ方がされるほどこの年齢で亡くなるミュージシャンは多い。カート・コバーン、さらにエイミー・ワインハウスもこの仲間入りをしてしまった。


吉田健一の『瓦礫の中』を読んでいたらこんな箇所があった。

「さうだよ。だから年寄りが若いうちは苦労しなければなんて言うのは馬鹿だよ、どうせ苦労するんぢやないか。もう暫くのことだから我慢しなさいと言ふべきなんだ。併し二十七で死んだ天才なんてどういう境地だつたんだらう。そして不思議に若死には二十七が多い。ラフォルグ、キーツ、李賀。これは一種の厄年なのかね。」

そうだっけ?と思って調べたら正確にはキーツは26歳かな。でもまあ人生ってこのあたりでいろいろあるよね、といわれるとそんな気がしてしまうが、あるいはデジタル時計で4時44分を見ると記憶に強く残ってしまうのと似たような効果のなせる業なのだろうか。




プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR