テレヴィジョン-イーノセッションから40年

こちらの伝記の中で、『理由なき反抗』などの映画監督ニコラス・レイが1975,6年頃にテレヴィジョンのライヴを見に行き、気に入っていたようだということをジム・ジャームッシュが証言している。

はたしてレイがテレヴィジョンを見た時にリチャード・ヘルがいたのかどうかはわからないが(ちょうど微妙な時期)、もしタイムマシンで一度だけ過去に行けるとしたら、ヘル在籍時のテレヴィジョンを見るというのは有力候補だ(音源や映像がないわけではないが、かといって豊富なわけでもないあたりが欲求をかきたてる)。

ヘルのいた74年のテレヴィジョンはこんな感じ。



このあたりの時期はテレヴィジョンというバンドにとって大きな分かれ道であった。
74年には(75年になっているのもあるけど)ブライアン・イーノとのセッションがあり、75年にヘルが脱退、同年にはシングル「リトル・ジョニー・ジュエル」発売、しかしアルバムを発表するまでにはさらに2年ほど待たなくてはならない。






ブートレグを主義として買わないという人がいるし、これは倫理的には正しい態度だと思う(存命中の作家が没にした小説が裏市場で取引されていたら……と考えると、「別に目くじらたてることじゃないじゃん」とは言いづらい)。とはいえ、そうはいっても聴きたくなってしまうののもまた人情でもあろう。
オフィシャルで発売してくれればそんな葛藤も生ぜずにすむのだから、そのことを願って……なんて言い訳しつつ、テレヴィジョン-イーノのセッションを。







もしヘルが脱退しなければ、イーノのプロデュースで74、5年にアルバムが出ていれば……ということをつい想像してしまうのだが、ヘルの脱退が避けられないものであったように(そもそもトム・ヴァーレインと親友であったほうが奇妙な話かもしれない)、イーノがテレヴィジョンをプロデュースするというのもあり得ないことだったようだ。

ピッチフォークにInvisible Hits: When Eno Met Televisionなるコラムがあがっている。
ここに引用されているあるインタビューでヴァーレインはこう言っている。「全くベンチャーズみたいな音だったんだよ。ひどい音だった。なんでこんなひどい音なんだってずっと言い続けていたんだけど、そしたら〔イーノは〕どこが?すごくいい音に聴こえるけど、とか言うんだからね」と、吐き捨てるように(かどうかは知らないが)語っている。

またこのコラムではユーチューブにあがっている「マーキー・ムーン」のデモのコメント欄にあるイーノが「プロデュース」したということを否定しているリチャード・ロイドの言葉を紹介してるんだけど、このアカウントが本人のものとは思えないんだけど、どこかからの引用なのだろうか(実は本人降臨ということなのかもしれないが)。
こちらは正真正銘当人のインタビューだが、やはりイーノとのセッションはひどいものでアイランドからのオファーはこちらから拒否したとロイドは語っている。
いずれにせよテレヴィジョンの面々とイーノとの関係がいかなるものであったのかは想像がつく。このすぐ後にイーノはトーキング・ヘッズとは盟友関係になるのだが、何事にも相性というのがあるということなのだろう。

75年のトーキング・ヘッズ



とはいえもう40年以上も前の話だし、こうして音源が堂々と出回ってしまっている以上オフィシャルで出してくれればと思うのだけれど、まあこういったことを一切配慮しないのがヴァーレインらしいといえばらしいのかもしれないが。

ちなみにヘルのベスト盤にはネオンボーイズ(テレヴィジョンの前身)時代やテレヴィジョンの音源も収録されている。








また先のコラムではリチャード・ヘルの回想録からも引用されていて、これはすごく読みたいのだけれど、もしかたら邦訳が出るかもと待っているのだが、それとも読むべきか。




パティ・スミスも『ジャスト・キッズ』を書いたし(パティ・スミスとトム・ヴァーレインは付き合っていたが、『ジャスト・キッズ』はパティがロバート・メイプルソープと別々の道を歩み始めヴァーレインと出会うあたりで終わっている)、せめて回想録ぐらい書いてくれればなあ。今度はあなたの番ですよ、と思うのだけれど。





プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR