『アーサーとジョージ』

ジュリアン・バーンズ著 『アーサーとジョージ』




アーサーの妻は肺を病んで、もう長くはないと考えられていた。彼女を大切にしたい気持ちがありつつも、アーサーには新たな恋人ができる。長い闘病生活のすえついに妻が亡くなったが、これはアーサーを複雑な気持ちにさせた。鬱々としていたところ、見慣れぬ名の差出人から、新聞の切抜きが添えられた小包が届いていた。無実の罪で逮捕され、有罪判決を受け、服役していたという。差出人の名はジョージ・エイダイジ。アーサーはジョージの無実を確信し、調査に乗り出すのだった……


アーサーとはご存知、シャーロック・ホームズの生みの親のアーサー・コナン・ドイルのことである。人気小説となって以来、ホームズに、そして作者であるドイルに宛てて、多数の依頼の手紙が送られてくるようになった。ドイルはその中のいくつかの事件の調査を実際に行っている。この作品ではその中の一つである実際に起こった事件とその顛末を中心に、アーサーとジョージの半生を描いている。

バーンズがなんとも巧みなのは、とりわけ前半部においてアーサーとジョージとを平行して描いていることだ。アーサーの生涯における一挿話とするのでもなく、アーサーの血湧き肉躍る冒険を中心に据えるのでもなく、またジョージというその後あまり語り継がれることのなかった人物の生涯にあのコナン・ドイルが颯爽と現れるといった形をとるのでもない。約20歳離れた二人の生い立ちを平行して描くことで、より味わい深い作品となっている。

アーサーとジョージは似たもの同士なのかもしれない。アイルランド系でスコットランドで育ちながら、アーサーは熱烈なイングランド愛国主義者となる。父がインド人で、そために様々な差別に合いながらも、イングランド生まれのジョージは自分がイングランド人であるのは当然だと考えている。

アーサーとジョージの育った環境はまるで違うものかもしれない。アーサーの父は飲んだくれで、最後は癲狂院で死んだ。ジョージの父は国教会の聖職者で、息子を愛情深く育てた。

アーサーとジョージは、互いを埋め合う存在だったのかもしれない。ジョージは子どもの頃、近視と乱視のせいで学校の勉強に苦労した。そしてアーサーは眼科医だった。医者であり、科学的な発想と捜査で名を馳せる探偵を生み出したアーサーは心霊主義に傾斜していく。弁護士となったジョージは、どんな苦難に見舞われようと、あくまで法への信頼を失わない。


ジョージを含め、エキセントリックなキャラクターと奇妙な出来事が起こる前半部はディケンズ風のようにも思えるし、前半部のクライマックスであるジョージの裁判の不条理さというのもそれを際立たせている。またアーサーが捜査に乗り出して以降は、作者であるコナン・ドイルがホームズ役を演じるというパスティーシュ作品であるかのようだが、同時にバーンズはあくまで史実に忠実であるようだ。また虚構の世界である探偵小説の論理を現実に持ち込むことに対して弁護士であるジョージが懐疑的であるという点では、探偵小説への批評的作品ともなっている。このように、ホームズシリーズはもちろん、ヴィクトリア朝のイギリス小説やミステリーに関心のある人にとっては大いに楽しめる歴史小説だろう。

そして本書はまた、極めてアクチュアルな作品でもある。臆見や偏見を持って事件を見ることは何とおそろしいことか。ましてやそれが警察官や裁判官にまで広まっていればどんなことになるだろうか。とりわけ人種偏見はイギリスのみならず世界の多くの地域で依然として根強く、100年前の出来事だと受け流すことはできない。またアーサーは、ジョージの冤罪事件が人種差別に根ざすものだと考えているが、一方で彼は典型的な愛国的帝国主義者であることも描かれている。アーサーはジョージがインドにルーツを持っていて、その彼が差別にさらされていることに個別的な憤りを覚えても、根本的な問いを行うことはない。

「あなたと私は、ジョージ、君と私は、我々は……名誉イングランド人なのです」とアーサーは言う。これは当人としては、自分たちにとってもイングランドにとっても肯定的な意味でそう言っているのだが、強烈な皮肉として響き続けることになる。作中にもあるように、イギリスのドレフュス事件として語り続けられてもよさそうなこの件が、「穏便」に済まされることによってほとんど忘れられていくというのは、確かにイギリス(イングランド)的であるのかもしれない。


バーンズの筆は相変わらず冴えわたっている。そしてドイルがホームズとなって冤罪事件に挑む、しかもこれが史実であるとくれば非常に魅力的で映像化をしたくなるのは当然のことであろう。2015年にはテレビシリーズにもなっている。






プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR