エレノア・ルーズヴェルトの伝記が読みたい

Blanche Wiesen Cookが約25年の歳月をかけたエレノア・ルーズヴェルトの伝記が完結した。ニュヨーク・タイムズの書評はこちら
エレノアはF・D・ルーズヴェルトの妻というよりも、夫以上のリベラルの闘士であり、またその私生活においても様々な観点から注目できる存在でもある。クックもこの伝記を書いているときはまさかこんなことになるとは思ってもいなかっただろうが、今だからこそエレノア・ルーズヴェルトの伝記を読んでみたくなる。とはいえなにせ三巻本にしてそれぞれが大部ということで、英語で読む気力はないので翻訳されないかな。





アメリカのことで大騒ぎする割にはアメリカ史における重要人物の伝記が日本語で読めないことも多いので、色々と厳しいこともわかるが、なんとかこういう伝記も翻訳されていってくれれば。ハミルトンあたりも早いところ訳されてほしいなあ。


プロフィール

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR