ゼルダ、ドラマ化

「ニューヨーカー」のZELDA FITZGERALD LETS IT ALL HANG OUTという記事にあるように、アマゾンでゼルダ・フィッツジェラルドを描いた『Z: The Beginning of Everything』というドラマが製作された(パイロット版は2015年に作られていたそうだが知らなかった)。ゼルダ役はクリスティーナ・リッチであるが、ちょっとイメージ違うかなあという気もしなくもないが(というかどうしても昔のイメージが浮かんできてしまうもので)。





ゼルダという人はフェミニズム的観点からもいろいろと注目できることだろう。アラバマ、ジョージア二州に並ぶ者のいない美女と呼ばれ、貧しかったスコット・フィッツジェラルドは彼女と結ばれるために何としても成功しなくてはならなかった。スコットは『楽園のこちら側』で衝撃的なデビューを飾り、時代の寵児として富と名声を得て二人は放蕩生活に突入する(フィッツジェラルドは大恐慌で全財産を失ったのではなく、稼いだ莫大なカネは二人で使いきったのであった)。

しかしゼルダは満たされないものも感じており、一時はバレエに熱中する。常識的に考えて二十歳を過ぎてバレエを始めたところでバレリーナになれるはずもないが、ゼルダの異様とも思える執着は、後に考えれば狂気の兆候だったとされることもある。

ゼルダは自分も作家を目指したし、スコットも彼なりに支援したつもりだったのだろうが、共に私生活をネタにしようとしたことからネタがかぶるという問題が生じることになる。スコットはゼルダの個人的な体験を含めて、自分がそれを小説の題材にするのを当然の権利だと感じていた。
ゼルダの狂気はこういったフラストレーションが原因となったのかはともかく、これが彼女を悪化させたことは間違いないだろう。

このドラマがどういったものになっているのかはわからないが、個人的にはゼルダ目線、スコット目線、スコッティー(二人の娘)目線の三部構成の映像作品が作られればなあとずっと思っている。黒澤明の『羅生門』ではないが、同じ出来事でもそれぞれにはまるで違ったように映っていたことだろう。ゼルダにもスコットにもスコッティーにも、それぞれに感情移入できる要素があるだけに、どのように描き分けるのかというのは腕の見せ所になるのだろうが、『Z』に引き続いて製作してくれたりしたらうれしい。


プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR