ミルハウザーの気遣い

NHKラジオ第一で放送されている『ミュージック・イン・ブック』(水曜午後9時半)に柴田元幸さんが出演していて、スティーヴン・ミルハウザーについて面白いエピソードを披露していた。

昨年ミルハウザーは来日したが、それ以降特に用はなくとも週に一回はメールをくれるようになるくらい「人なつっこい」人であるのだが、その作品もあって「フォーマル」な印象を持たれることが多いだろう。

メールが普及する前から手紙のやり取りはしていたが、アメリカの作家はたいてい二度目からは互いをファーストネームで呼び合うものの、ミルハウザーはずっと「ディア・ミスター・シバタ」とし、手紙の最後にはスティーヴン・ミルハウザーとフルネームでサインしていた。急ぎの用ならこちらにとメールアドレスを教えられ、ミルハウザーもメールをやっているのかと驚いたそうだが(そういえばポール・オースターは未だにファックスを使っているのだろうか……)、そこで柴田さんがうっかり「Moto」と他の作家にやるように署名したところ、ミルハウザーは「Motoでいいのか。日本人はみんなフォーマルだからずっとミスターなんとかと呼び合うのかと思っていた」とのことである。

イメージが違うといえば違うのかもしれないが、こういう気遣いをしてくれて、でもちょっとずれているようなといったあたりはミルハウザーっぽいような気もしてくる。




プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR