『ヒトラーと物理学者たち  科学が国家に仕えるとき』

フィリップ・ボール著 『ヒトラーと物理学者たち  科学が国家に仕えるとき』





2006年に出版されたオランダのジャーナリスト、サイベ・リスペンスの『オランダのアインシュタイン』は大きな騒動を引き起こした。一般的にはそれほど有名ではないとはいえ、1936年にノーベル賞を受賞し科学界にその名を残すオランダ出身のピーター・デバイについて、リスペンスは「ナチと共謀していた」と告発したのだった。デバイはドイツでカイザー・ヴィルヘルム研究所で所長を務めていたが、ドイツ国籍を取ることは拒否し、39年にはアメリカに渡っている。そんなデバイが、ナチ党員でこそなかったものの実は「ナチ体制の熱心な支持者」であったという内容であり、「戦時中はアメリカに留まりながらもナチ当局と接触を続けており、それは戦争が終わったらひとまずベルリンに戻る可能性を残していたのではないか」とリスペンスは見た。

デバイの名前と関わりの深かったオランダの二つの大学はパニックに陥った。「デバイ自然科学研究賞」と「デバイ・ナノ材料科学研究所」はデバイの名を外すことを決定する。一方デバイがアメリカで勤務したコーネル大学は独自の調査を行い、「デバイはナチの同調者でも反ユダヤ主義者でもない」と判断し、学科名からデバイの名を外さないことを決めた。その後リスペンスの本について、「デバイの描写は偏っており、ナチの統治に対するデバイの反応は、大半のドイツ人科学者の反応とそれほど大きく異なっていたのではないという事実をあやふやにしている」といった批判がなされた。結局デバイの名を付した賞と研究所にその名が復活することになり、デバイの名誉は回復されたかのようだが、それで終わりにしていいものだろうか。

本書の主人公となるのは、デバイ、マックス・プランク、ヴェルナー・ハイゼンベルクという高名にして「英雄でも悪人でもない」科学者たちだ。彼らの姿を通して「ナチの党利に対する恭順と抵抗のあいだのグレーゾーンにおける科学者の大多数(そして一般市民)の多様な立ち位置が見えてくる」。


科学者たちは人文学者や社会学者に対して、「あからさまな反感を抱くとまでは言わないまでも疑いの目を向けることがある。彼らが整然とした科学の自己像を単に複雑にしているだけでなく、なぜ科学がそこまで精緻な検証を必要としているのか、想像できないというのだ。真実を明らかにしようとする仕事に従事する自分たち科学者をなぜほっといてくれないのかというのだ」。

しかし、「科学の純粋性を強調することは危険だ」とボールは書く。
「ナチス政権下のドイツ(第三帝国)で研究を行っていた科学者の対応を調べているうちに、彼らの多くの発想、たとえば科学が「非政治的」であり、「政治以上のもの」であり、「より高級な職業」であって、個人の義務および忠誠心を人間どうしのあらゆる交流の上位に置くと言い立てることが、今日の科学者たちから見聞きする見解に近いように思えて、私は落胆するしかなかった」。

いわゆる「ソーカル事件」前後の状況を論じた金森修の『サイエンス・ウォーズ』にも同じような問題が取り上げられていた。確かに一部の人文学者が数学をはじめ自然科学の用語をろくに意味も分かっていないにもかかわらず濫用するのは厳しく批判されてしかるべきだ。しかし科学者側にも、科学については科学者以外は口を挟むなといわんばかりの傲慢さや、さらには他分野を見下すといった驕りも見受けられた。ポストモダン系人文学者にしろ、科学者にしろ、自らに対する批判的検証を拒否すれば、堕落していくのは当然のことであろう。

「精緻な検証を必要とし」、実験等を通じてはっきりと実証されるまでは判断を保留する、と聞けば非常に立派な科学的態度のように思えるかもしれない。ではこれが公害問題だとしたらどうだろうか。目の前に明らかに被害を受けている患者がおり、そこには原因とおぼしきものがある。それでも、少なからぬ科学者がここで極度ともいえるほどの「保守性」を発揮するのであり、これは結果として企業や行政など加害者を利することになる。多くに公害問題を振り返ると、一部の科学者が誠実に問題に取り組まないばかりか、むしろ積極的に隠蔽や矮小化に協力したという例も枚挙にいとまがない。こういった科学者たちは原因が厳密に特定できない以上判断を下さないという消極的な態度をとるばかりか、告発の無効化にせっせと勤しむこともしばしばだ。批判が寄せられるとこのような科学者たちは、自分たちはやるべきこと、やれることを粛々と行っているだけで、政治的な意図などないと反論することになる。まさにこの「政治性」こそが問われているのに、科学者たちはこの問題にあまりにナイーヴであり続けている傾向は現在でも広く見られる。


1927年にブリュッセルで開かれた量子物理学に関するソルヴェイ会議で撮られた集合写真は、当時の物理学界がいかなるものであったのかを雄弁に語っている。「ドレスコードの厳しさと眼差しの強さとが調和しており、行動規範が守られて上下関係が尊重される、という抑圧的な態度が求められる雰囲気がうかがえる」。若き日のハイゼンベルク、デバイと共にアインシュタインをはじめとする早々たる顔ぶれがそろっているが、女性はマリー・キュリーただ一人しかいない。

当時の物理学者たちはアインシュタインの国際主義や平和主義に眉をしかめていた。その支持者ですら「政治と職業の別」を尊重していないと感じ、アインシュタインは「政治をもてあそんでいる」と非難された。「ドイツの物理学者たちは、政治的な問題にかかわりたくないと強く思っていた」。

自分はイデオロギーとは無縁だと主張する人間こそが元も根深くイデオロギーを内面化しているように、「非政治的」であることは極めて政治的な選択である。「ドイツの学者たちの政治から距離を置く態度は実のところ、ある特別な政治的立場をまとっていた。それは、ドイツの軍国主義と愛国主義を支持するという伝統を守りつつ、一方でそれと同程度に民主的なヴァイマル政府に反対するという意味で「非政治的」であった」。


本書の主人公たちは「英雄でも悪人でもない」。この三人に限らず、ドイツの科学者でナチスに積極的に協力したのはごくわずかだ。そして積極的に抵抗したのも、ごくわずかである。

プランクは非常に保守的であり、女性参政権には当然のごとく反対であったが、また女性が研究職に就くのを支援もした。ハイゼンベルクは「ユダヤ物理学」を否定し「アーリア物理学(または(ドイツ物理学)」を称揚せよという動きには反対したが、ナチス・ドイツが侵略を開始すると、その支配地域での講演ではアインシュタインの名を出すことを避け、また友人には著作からアインシュタインの名を削るよう助言している。
ハイゼンベルクが「ユダヤ物理学」を否定することを拒んだのは、そんなことをすれば物理学にとってマイナスになるからであって、それ以上でも以下でもなかった。プランクもハイゼンベルクもデバイもナチス政権下で同僚のユダヤ人を助けたが、それはその人が同僚であったからであって、彼らはナチスが進めるユダヤ人迫害政策そのものに反対することはなかった。


リスペンスがそうであったように、ナチス政権下で難しい選択を迫られた科学者(あるいは「普通」の人々)をナチスに抵抗しなかったからと断罪し、彼らは悪人だったと切り捨てるだけでは、自分たちはそうではないのだという上辺の満足感を与えるだけで、歴史の上っ面をなでるだけになってしまうだろう。そしてまた、歴史の後知恵で当時の人々を裁くべきではないとしてその内面に過度な同情を寄せて検証を拒むことも、歴史を隠蔽することになる。

この三人の「真意」は見えにくい。おそらくは当人たちにも状況が見えておらず、長く続くヒトラー政権で明確な信念や意図を持って行動していたのではないだろう。問題とされたデバイがアメリカ到着後もカイザー・ヴィルヘルム研究所と連絡を取っていたことは事実である。まだアメリカ参戦前のことであり、ドイツの勝利でこの戦争が終わる可能性は高いと考えていたとしても不思議ではない。彼が「ゲーム」を行い、アメリカとナチス・ドイツを両天秤にかけていた可能性はあるだろう。彼にはまたドイツに残っている身内がいた。デバイに同情的な人が主張するように、身内がナチスから迫害されるのを恐れたということもあるだろう。しかしおそらくは、何らかの深い意図があってのことというよりは行き当たりばったりに行動した結果、いったい何を考えていたのかが後世の人間からは見えづらくなったといったあたりではないだろうか。

デバイがアメリカに渡ると、少なからぬ人が彼がナチスのスパイなのではないかと疑った。とりわけ不信感を抱いていたのはドイツでの彼の振る舞いを知るユダヤ人たちだった。アインシュタインは、デバイがスパイだという証拠はないが信用ならない人物であると証言している。ナチスのユダヤ人政策に対するデバイの日和見的態度が、アインシュタインをはじめとするユダヤ人の不信感につながったのだろう。

リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーは「過去に目を閉ざす者は、現在にもやはり盲目となる」という有名な演説を行った(ちなみにヴァイツゼッカーの兄のカール・フリードリヒも物理学者であり、本書でも少なからぬ働きをすることになる)。
ロアルド・ホフマンはこれをふまえてこう言う。「過去の記憶がなければ和解もない」。「和解」とは「忘れる」こと、あるいは「忘れてもらうこと」ではない。デバイは戦後も沈黙を続けた。「彼の沈黙は明白な誤りだ」。彼は単に沈黙しただけでなく、自らの過去のふるまいについて内的な葛藤にみまわれることもなかったようだ。ホフマンはこの沈黙についてこう考えた。「デバイの戦後の沈黙は、彼が私たちに忘れてほしいと思っていたことを意味するのではないか」。

今さら過去のことを穿り返してもしょうがない、もう終わったことなのだと済ませ、忘却してしまえば、歴史から学ぶことはできない。言葉を変えると、現在の科学者たちはこの三人の言動から学ばねばならないことがあるということになる。

当時のドイツの学者たちは「非政治的」であったが、それは軍国主義的で愛国主義的であることを自明視して受け入れていた結果であった。プランクは悪法も法であると考え、ヒトラー政権誕生後の政策を受け入れた。これは国と時の政府とを同一視し、国が決めた以上粛々と従うべきだと考えたためであろう。「愛国心」とは往々にしてこのようなものである。ハイゼンベルクはナチスに入党することはなかったが、非常に「愛国」的であり、戦争開始後の彼の醜悪な言動を多くの人が証言している。


なおハイゼンベルクについては、『なぜ、ナチスは原爆製造に失敗したのか』でトマス・パワーズは、ハイゼンベルクは原爆開発に従事するふりをしながら実はサボタージュを行っていたのだとしているが、ボールはこの説を実在の怪しい資料や確認不可能な回想に基づくものであるとして否定している。「原子物理学者会報」ではパワーズの本は「フィクション」だと片付けられ、「悲劇的なまでにばかばかしい」という厳しい評価も紹介されている。以前にこちらに書いた時にどうも釈然としないとしたが、やはりボールらの判断の方が正しいのだろう。

ドイツが降伏するとハイゼンベルクらドイツで原爆開発に従事していた科学者たちは連合国の捕虜となったが、自分たちの置かれた立場がわかっておらず、傲岸不遜な態度を崩そうとしなかった。その理由の一つが、自分たちが原爆開発競争でアメリカの先を行っており、だとすれば無下に扱われることはないはずで、そればかりか自分たちの知識は高く売れるはずだとすらふんでいたこともあったようだ。広島に原爆が投下されても、ハイゼンベルクはしばらくはそれを信じることができなかったほどだった。アメリカの原爆の研究開発がここまで進んでいるとは想像もできなかったのだが、これは彼が取り残されていたということでもある。ハイゼンベルクはアメリカへの協力をほのめかしつつ、アメリカに渡るのではなく、ドイツが自分を必要とするからドイツに残りたいとしたが、アメリカなどからしたらこの態度は二重三重に「は?」という感じだったろう。戦後もハイゼンベルクは言を二転三転させ、サボタージュをしたかのようにほのめかすかと思えば、ナチスが十分な資金を提供しなかったから完成しなかっただけで、自分の能力をもってすれば実現は可能だったとも思わせようともした。誰もが口をそろえるのが、ハイゼンベルクが極めてプライドが高い人間であったということだ。彼はナチスに協力したと吊るし上げられることは御免であったが、また能力が劣っていたとされることにも耐えられなかったのだろう。サボタージュ説はハイゼンベルクにとって最も都合のいいシナリオであった。そんな彼が自分の過去の振る舞いについて後悔や反省を口にすることがなかったのは言うまでもない。

ドイツ敗戦直後には、ハイゼンベルクはアメリカに渡ったフォン・ブラウンのようになる可能性を描いていたのかもしれない。フォン・ブラウンにしても、本書で指摘されているように、彼が開発したV2ロケット等が実戦配備され多数の死者を出す以前に、その作成段階で強制労働などによって大量の死者を出している。戦後のフォン・ブラウンのアメリカでの「活躍」は冷戦の落とし子でもあるが、政治的のみならず、科学界においてこのような人物が受け入れられてしまったことは、どこまで汚点として認識されているのだろうか。


「政府の公式のスローガンは、「戦争のために物理学を利用しなければならない」であった。私たちはその順序を変えて、自分たち用のスローガンにした。「物理学のために戦争を利用しなければならない」」、ハイゼンベルクはこう語った。

「その物語では科学者たちを、舵を取る立場に置き、政治指導者たちを、何でも信じる愚かな集団へと貶め、国家が資金提供する軍事研究をほとんど抵抗のための活動費にし、ナチ体制の不潔な現実から、純粋で汚れていない科学を分離する。/しかし、ハイゼンベルクの言い分は、どれほど信じられるだろうか?」

戦前からハイゼンベルクと交遊があり、連合国でナチスの原爆開発についての調査にあたったハウトスミットは彼をこう評する。ハイゼンベルクが「ナチスと闘ったのはナチスが悪だったからではなく、ドイツにとって、少なくともドイツの科学にとって悪だったから」だ。

ルイセンコに入れ込んだものの物理学には口出ししなかったスターリンについて、トニー・ジャットは、スターリンは狂っていたが愚かではなかったと評しているという。実はナチスは「ユダヤ物理学」を弾圧したりはしなかった。人種主義に冒された一部の物理学者が暴走しただけで、ナチスは「ユダヤ物理学」が兵器開発に不可欠であることをわかっていたのだった。ハイゼンベルクなどが「ユダヤ物理学」を拒否しなかったのは英雄的行為などではなく、ナチスと利害を一致させていた結果でもあった。

ドイツの物理学者たちは「物理学のために戦争を利用しなければならない」とし、研究資金だけ得て面従腹背をしてナチスを出し抜いたつもりだったのかもしれないが、その研究がやはり兵器開発に寄与するものであることには違いなく、科学者たちは実際はナチスの掌の上で踊らされていただけなのであった。

それにしても、「物理学のために戦争を利用しなければならない」というハイゼンベルクの言葉は、今の日本ではことさらに不気味な響きを持つ。日本では基礎研究費が削られる一方であるのに対し、軍事研究というニンジンが科学者の前にぶら下げられているという状況になってしまった。まさにハイゼンベルクよろしく、軍事目的と上辺を装って予算を獲得して基礎研究に注ぎ込めばいいなどと考えている科学者もいるかもしれないが、それはこの歴史を知らないから出てくる発想であろう。武器輸出三原則を無効化して以降、安倍晋三は国内の軍需産業を支援し自ら武器商人と化して「トップセールス」を行っている。このような環境に批判的な視線を向けることなく、「非政治的」になって予算を得られるか否かだけに焦点を当てることは、ドイツの物理学者たちと同じ轍を踏むことになりかねない。本書の訳者の一人である池内了はこの状況に警鐘を鳴らしているが(本書の出版もその一貫であろう)、伝わってくる話ではその危機感は若手研究者にはあまり共有されていないようだ。

こういった現状はもちろん日本だけの話ではない。後半では少々くどく感じるほど倫理問題を取り上げ続けているのは、元「ネイチャー」の編集長であるボールが研究者と直に接する中で、依然として少なからぬ科学者にはびこるそのナイーブな「非政治性」に深く「落胆」させられたことが表れているようでもある。


そしてもちろん、これは科学者にのみ限られるのではない。
ヒトラー政権が誕生すると、多くのドイツ人が、すぐに瓦解するか穏健化するに違いないと考えた。ハイゼンベルクは1933年10月の手紙で、「多くの良いことも数多く試されているのです。善意を認めるべきでしょう」としている。同じ頃に、オーストリア出身のユダヤ人であるリーゼ・マイトナーですら、追放されたり投獄されたユダヤ人は共産主義の扇動者であるという印象を持っていると語り、手紙の中でヒトラーが「非常に穏やかで、弁舌が巧みで、人の気持ちを和らげるような」話し方であり、「このような調子が続きますように」とまで書いている。

ではメディアが権力に対して厳しく対峙していれば、独裁は防げるのだろうか。ゲッベルスは「反対意見を容認することの大切さを理解していた」。「フランクフルト新聞」は43年に発禁にされるまで、「ナチの政策に批判的な記事を数多く掲載した」。ゲッベルスは、ある程度の批判を許容することによってガス抜きを図りつつ、独裁であるという否定的感情を抱かせないことに成功したのであった。

「ヒトラーは、合法でさえあれば自分の好きなことが好きなだけでいることを理解していた」。ヒトラーは、ドイツ人の「法律に明記された規則には反対しない」という「本能」を利用したが、プランクのように悪法も法なりと考える人物は、ヒトラーにとってまさに理想的なドイツ国民だったことだろう。

その現実を見せつけられてもヒトラーやナチスが穏健化するはずだと信じきるのは正常化バイアスと呼ぶべきものだろうが、その次に蔓延したのが、イアン・カーショーがいうところの「致命的な無関心」だった。「一般的なドイツ人は、残虐行為を直接目の当たりにして嫌悪感を抱いた」というのは、「水晶の夜」などでもよく言われる。しかしまた、「政治および道徳的な問題として、「ユダヤ人問題」は単に彼らの日常に大きな関連があるものとして受け取られなかったようである」。そしてこうした「無関心」を保つためには、「強い意志を持たなければならなかった。状況に背を向け、自己に向けて、個人的には責任がなく、ともかく何かするほどの力はないと言いわけしなければならないからだ」。

1933年にベルリン大学に勤めたがすぐにイギリスに渡ったハンガリーの物理学者レオ・シラードは、ドイツ人の「功利主義」を指摘している。「彼らはこんなふうに問う。「なるほど、しかしそれに反対するとして、何のプラスになるというのだろう? 何の役にも立たないし、自分が損をするだけではないか。だとしたら、どうしてわざわざ反対しなければならないんだ?」。道徳的にみてどうかという論点はまったくないか、非常に弱い。あらゆる思考は単純に、自らの行動によってどのような結果が予想できるか、であった。だから私は一九三一年に結論に達した。ヒトラーは政権を掌握するだろう。ナチスの革命勢力が強いからではない。誰も抵抗運動を起こさないからだ」。

ヴァイマル共和国の混乱を収束させるためなら多少荒っぽいことをするのもやむをえない、そんなひどいことになるはずがない、ひどい話だが自分にできることなどないので仕方がない、自分には関係のないことだ、勝ち目のないことをわざわざして何の得になる? こうして多くのドイツ人はヒトラー政権を受け入れていった。
ではこれはドイツ人特有の反応だったのだろうか。「他の国家の人々なら、同じ状況で、より「尊敬すべき」流儀で対応できただろうか」。カーショーはこの問いに「私はそうは思わない」としている。

「ヒトラー政権で経済相を務めたヒャマル・シャハトは」、「多くの点でリベラルであった」。彼はナチス支持者となりドイツ帝国銀行の頭取にまでなったが、また「直感的に人種憎悪に反対」し、反ユダヤ的な政策はドイツを「国内では弱体化させ、海外においては孤立させるという理由で反対していた」。シャハトは37年にヒトラーと仲違いをして影響力を失い、44年には抵抗運動に加わり、ヒトラー暗殺未遂計画に連座しダッハウ収容所に送られたが生き延びた。シャハトはニュルンベルク裁判で「ヒトラーの政策が最悪のものとならないようにするために」政府に仕えたと主張し、無罪となる。

シャハトの弁明を文字通りに受け取るかはともかく、このように「多くの点でリベラル」で「 直感的に人種憎悪に反対」するような人間ですらナチスを支持したのであり、「ヒトラーの政策が最悪のものとならないようにするため」に政権に加わったのだと自らの振る舞いを正当化してしまうような人物によっても、ヒトラー政権は支えられていたのでもある。

ヒトラー政権を強く批判しアメリカに残ったアインシュタインにはドイツからの風当たりは厳しくなる。プランクはアインシュタインがこのような言動を取ることは「効果的」ではないとし、「アインシュタインが反ユダヤ的差別を黙って受け入れるなら、状況はこれ以上悪くならないと言っている」。さらには、主義に基づくアインシュタインの行動を「利己的であり無責任」とまでしている。
マックス・フォン・ラウエはナチスに嫌悪感を抱き様々な抵抗を試みることになる人物であるが、その彼ですらヒトラー政権誕生直後は「きみが何か政治的なことをすると、ドイツの科学者全員の責任にされてしまうのだ」と手紙に書いている。まさにドイツ流「功利主義」であろう。

これに対しアインシュタインはこう反論した。
「政治的な問題、広い意味で人間に関わる問題に対して、科学者は沈黙を守るべきというあなたの意見には同意できません。……そのような抑制は、責任感の欠如を意味するのではないでしょうか?……私は自分が言ったことの一語たりとも後悔していませんし、私の行動は人類に役立ってきたと信じています」。

アインシュタインはドイツのためでも、物理学のためでもなく、人類のための責任意識を抱いていたのであった。

「ヒトラー政権下で公務員として働き、またドイツ艇庫運動に参加したハンス・ベルント・ギゼヴィウス」はこんな言葉を残している。
「ドイツの不幸から私達が学ばなければならない重要な教訓の一つは、人々がいともたやすく無為の泥沼に落ちてしまう可能性があるということだ。個々に小利口さや日和見主義や臆病の犠牲者となり、やがて取り返しのつかないまま自分を見失っていく」。


本書にはパウル・ロスバウトのような、断固としてナチスに反対し、ヒトラーを打倒するため戦時中も危険を冒してイギリスに情報提供を行っていた科学者も登場するが、そのような行動を取ったのはほんのわずかだ。そしておそらくは多くの人がこう感じるのではないだろうか、あのような時代に生きていたとしたら、自分にはロスバウトのような英雄的行為などできないだろう、と。

想像してみよう。もしヒトラー政権下のドイツで科学者であったら何ができただろうか。国外に脱出するにしても、職はどうすればいい。海外で満足のいくポストを得られるなど、一流の研究者でもない限り望めそうにない。ドイツ語しか話せず国外に出たことすらない家族が移住に不安を抱えていたら説得できるだろうか。家族を残してドイツを去れば、残された家族は迫害されるかもしれないが、いったいどこまで連れていくことができるだろうか。配偶者と子どもと両親くらいならなんとかなるかもしれないが、一族郎党全てを連れて行けるほどの経済力がある人などほんの一握りだ。

安倍政権やトランンプ政権がナチスと同類であるとか、早晩ナチ化するといった言い回しは大袈裟であるだけでなく、「狼少年」となって本当の危機に対しむしろ鈍感となってしまうという批判もあるだろう。「悪魔化」したところで得られるものはなにもないという主張にも一利ないわけではない。しかし本書に登場する「英雄でも悪人でもない」科学者たちや「普通」のドイツ人の振る舞いを見れば、こういった可能性に臆病過ぎるくらいがちょうどいいのだと思えてくる。その萌芽に目を凝らし、少しでも芽吹く気配があれば、この事実と正面から対峙しなければならない。自分ばかりか、家族や友人の命を含めて全てを賭して抵抗運動に加わるべきか否か、そんな選択が迫られるようになってからでは、すでに手遅れなのであるから。


プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR