出ない邦訳、出る邦訳

ジョニー・マーの自伝が翻訳刊行決定」なる記事のタイトルを見て「モリッシーの方が先でしょうに!」と思ったら、「モリッシーの自伝が翻訳を許されていない現在」なんて箇所が。

不勉強にも気がつかなかったが、こちらにあるように2014年の時点でモリッシーは自伝が翻訳されるのを拒否しているというというのは出ていたのですね。理由はよくわからんが翻訳の質を懸念しているのでは……という推測がなされているが、その結果英語がよくできない人が英語で読まされることによって生まれる弊害もかなり大きいと思うのだけれど。

まあ確かに音楽のバイオ本って質が低い邦訳が他ジャンルに比べて多い印象もあるが、日本のそんな事情をモリッシーが承知しているとも思えないし(もちろん日本語訳だけが拒否されているのではない)、翻訳者の選定など契約によって防ごうと思えば防ぐこともできるだろうし、この推測は真に受けることはできないのだが、まあこれもモリッシーらしいとすべきなのか。

モリッシーの自伝は買ってはいるのだけど、そのうち邦訳が出るだろうからそちらを待とうとほっぽらかしていたのだが、ブレイディみかこさんの本に合わせて頑張って読みますかね……



プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR