『象の消滅』『めくらやなぎと眠る女』

『象の消滅』『めくらやなぎと眠る女』




やっぱり年末年始くらいまともな本が読みたいなあってことで。
村上春樹の逆輸入短編集。
この本というフォーマットではまだ読んでなかったんだけど収録作は短編集などでは全て読んでいて、『めくらやなぎ』のほうも書き下ろしのだけは目を通しておいていた。
底本となっているのは『全作品』なので若干のヴァージョン違いが初めてといえば初めてなのだが。

『象の消滅』はアメリカで編まれた短編集で、多くの国では村上春樹の短編集というとこの本のこととなっていた。その成立過程については春樹自信のイントロダクションがついている。
『めくらやなぎ』はその第二短編集である。

『象の消滅』は1980年に書かれた「中国行きのスロウ・ボート」から91年に書かれた『レキシントンの幽霊』に収録された作品から選ばれている。
『めくらやなぎ』のほうは『象の消滅』からもれていた初期の作品から『東京奇譚集』に収録されている作品まで。
『象の消滅』はアメリカ人編集者が選び、『めくらやなぎ』は自選となっている。

すでに書いたように、僕はそれぞれ日本で短編集として出されたものを読んでおり、そのような日本の読者としてはこのように長い期間に書かれた作品をチョイスされるとなんだか脈絡のないような印象も受けてしまう。
一方でこの、脈絡が無いとも思える作品配列によってかえってよりくっきり見えてきたこともあったように感じた。

村上春樹の作品といえば、長編においても短編においても「こちら」と「あちら」の世界が溶け合うという形式がよく用いられる。
「こちら」と「あちら」といってもそれは二項対立ではなく、両者は重なり合いまじりあっている。
ここに収録されている短編でも、ちょっとしたスケッチのようなものからコミカルなもの、そして重くシリアスなものまで様々であるが、そのどれもがやはり「春樹的」刻印が押されている。

「こちら」にいたはずが「あちら」にするりと行ってしまうこともあるし(「眠り」など)「あちら」が「こちら」へと侵入してくるもの(「TVピープル」など)もあるが、「こちら」とも「あちら」とも言いがたい、ここがどこなのかという現実感覚の揺らぎをもたらす作品が多い。
基本的にこの路線というのは変化してはいないということが再確認できる。

一方で、僕は『ノルウェイの森』について、これは村上春樹の自身の80年代の作品世界からの別れをもたらすターニング・ポイントとなった作品だったことは前に書いた。長編において変化をもたらしたのが『ノルウェイの森』だとすると、短編においては『レキシントンの幽霊』に収録されている作品群がそれにあたるのかもしれない。
「沈黙」や「七番目の男」を初めて読んだ時、かなりのとまどいを憶えたことを思いだした。
おそらく80年代の春樹であれば同じテーマであってももう少し斜に構えたり、象徴的に描いたことだろう。この『象の消滅』や『めくらやなぎ』で初期の短編から続けて読むとその感覚は強まる。
正直に言うと、今回こうしてまとめて短編を読み返してみても、個人的にはやっぱり80年代的春樹のほうがすっきりくるのだけれど、だからといってこの変化が後退だとか退化だというのでは必ずしもない。あえてこうした形式を選び取っていったのだろうし、一つ所にとどまらないという覚悟というものは肯定的にとらえている。

あと技術的な部分にも結構注目できる。
春樹は短編にはよく手を入れるのだが(おかげでいくつものヴァージョンがある作品がある。そういえばレイモンド・カーヴァーも自作に手を入れ続けていた)、その気持ちというのもわかるかなあ、と。
「中国行きのスロウ・ボート」は初めて書いた短編だそうだが、こうしてその後の作品と読み比べるとやはり若書きという印象がした。多分『中国行きのスロウ・ボート』(短編集のほうね)だけを読んでもあまり気にならなかったかもしれないが。

すでに短編集を全部持っている人は無理に買う必要もないとは思うけど、単なるコレクターズアイテムというのには留まらない発見ももたらしてくれる二冊であったなあと思いました。
プロフィール

佐藤太郎(仮)

Author:佐藤太郎(仮)
shopliftersunionあっとhotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR